相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

転載

宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成18年(2006年)9月15日(金曜日) 
通巻第1556号  

*ポールソン米財務長官、訪中の成果は期待薄
  (豪腕の金融スペシャリストも、北京から譲歩を引き出せないだろう)

ヘンリー・ポールソンをゴールドマンサックス(米国最大の投資銀行)会長から財務長官に
起用したブッシュ大統領の狙いは、中国通のポールソンなら北京から大幅な譲歩を引き出し、人民元の切り上げ、金融制度の近代化などを勝ち取るだろう、とする“深い”読みであった。
 
中国の対米貿易黒字は昨年度2020億ドル。
度重なる米国からの人民元切り上げ圧力を、しかしながら僅か3%という小手先の措置で
北京は巧妙にかわしてきた。

実際にポールソンはゴールドマンサックス会長として過去に70回北京を訪問し、中国銀行の
香港上場では幹事会社を獲得するなど数々の“実績”を誇った。
来週火曜日から予定されているポールソンの訪中は「財務長官」として初めての訪問、
期待が否が応でも高まる。

だが中国の情報筋は、かたや米国議会に27・5%の報復法案の上程を控えて、ブッシュ
政権がそれを抑制するための議会工作を始めており、中国に足下を見られているために
大幅譲歩はあり得ず、これによってポールソンの声望は、一気に下降するのではないか、
とする観測があがり始めている(たとえばヘラルドトリビューン紙、15日付け)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、これ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060915-00000457-reu-bus_all
[PR]
by f1wrxgt | 2006-09-15 10:17

Mixi 見物

米8月小売りは安定。CPIコアにも大きな変化なしで、FOMC利上げ休止のままだろう。
CPIが仮に強くても、利上げの消費に対するブレーキが利き始めているのは自明の理。
利上げでオーバー・キルにすることはない。 原油・ガソリンも下げてきてるのだから。

このNY株式の高い位置でFOMCを迎え、来週末からラマダン入り。
米投信・Hファンド決算がらみ売り物、しかし、ナスダックは上昇、SOX戻り、ダウ運輸株も
原油↓のおかげ小じっかり。

東証の裁定買い残・・・・個人は上値は買わないのだから、先物を下げてそれを投げさすか、
吊り上げて更に上値を買わす(自動的に買うのは投信、機関、証券自己) のどちらも
あり得る。

株価は6ヵ月後を映す鏡ならば・・・トレンドは上狙いだが、足元まだBOX持合いかな・・・
10月中旬まで。
で、7-9 2Q業績予想が出始める11月から本格上昇の動きか?

住金・・・完璧なWトップだし(・・・が、ハイテク・電機での吊り上げ振り回しの可能性もゼロ
とは言えず)
[PR]
by f1wrxgt | 2006-09-15 08:47

7月機械受注統計

前月比   -16.7%
前年同月比 -1.2% ・・・ 中長期 トレンド大勢は変らず(過剰な悲観は不要)

100日線 @15720目処として上下動   
75日線 @15400 接近は一度覚悟(NY次第)

異様なイケイケの設備投資が冷め始めているなら、ここからの在庫の積みあがりについて
は懸念がこれで減少。
そろそろ企業は、労働分配率を上げる(2003からの景気回復分に相応しい給与アップ)
ことで、国内消費性向をあげる → 国内販売の支えとすべき。
海外需要頼みの業績は片肺飛行にすぎない。
外需と内需がお互い補う展開にすれば、景気の腰折れや後退をヘッジすることになるし。

節目を先物でズルズル割らせれば、裁定買い残の投げを誘い15000接近を期待できる
カモ。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-09-11 21:34

植草リポート更新  9/7

http://www.uekusa-tri.co.jp/column/index.html
[PR]
by f1wrxgt | 2006-09-11 04:14

ASEM 終了

G7 週末開催   G7を機にトレンドが変ることが多いので注意。

株式は今週安く、来週上昇  ・・・ 15日 米CPIまではNY膠着に引きずられるのか、or
今週高く(東証はその動機あり)、15日CPI~20FOMCを契機として月末調整入りか?

米はWTI原油を下げて株価維持PKOモード・・・先日の労働コスト上昇をかなり意識した
弱気ムードなので、今週の上昇トレンド入り展開は厳しい。

http://www.epochtimes.jp/jp/2006/09/html/d15342.html

ドル・¥を誰もが意識するが、ユーロ・¥は話題にならなかった模様。

ユーロ建て外貨準備が増加してきたこと、今後も暫増することを考えると¥150レベルは持続傾向。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-09-11 03:30

植草リポート更新

http://www.uekusa-tri.co.jp/column/2006/0830.html

8/30付け


先週から毎週更新に頻度が戻っているのでした。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-09-05 12:13
8月米自動車販売が減少、金利上昇・燃料費高の個人消費への影響映す

[デトロイト 1日] 大手自動車メーカーが発表した8月の米国自動車販売は、予想以上の
減少となった。業界アナリストは、金利上昇などの経済的要因が個人消費に与える圧力の
高まりが原因と指摘している。

最近の販売減少をめぐっては、販売の約60%をトラックに依存する米3大自動車メーカー
(ビッグスリー)固有の問題が指摘されてきたが、今回、アナリストからは、金利上昇や
ガソ リン価格高騰、住宅市場減速といった経済的要因によって、今後数カ月に業界規模の
販売不振 が一段と進む可能性が高まったとの声が聞かれている。

調査会社オートデータによると、8月の自動車販売台数は(乗用車および小型トラック)は 、
季節調整済みの年率で1606万台と、前年同月の1685万台から約5%減少した。
アナリストの予想は1660万─1680万台だった。

1─8月では4%以上の減少となった。

8月の販売実績(前年比)をメーカー別でみると、フォード・モーターが約12 %減と、2カ月
連続で最大の減少率を記録。

フォードは、トラック・スポーツ多目的車(SUV)市場の低迷を受けて、追加リストラを含む
事業再生計画を準備しているが、8月の販売減少は、フォードが受けているプレッシャー
を強調する格好となった。

ゼネラル・モーターズ(GM)は横ばい。GMは第4・四半期の生産を12% 縮小する方針を
明らかにした。生産を維持するためにレンタカー会社に低マージンで販売する事態に陥ら
ないようにするため、という。

同様に消費者のSUV・トラック離れの打撃を受けているダイムラー・クライスラー
は、3%減少。5カ月連続の減少となった。

クライスラー部門は、在庫を減らすために8月に従業員向け販売価格の一般適用に踏み切
ったり、ゼロ金利ローンを復活させている。

クライスラー部門が抱える在庫は8月末時点で約50万3000台。このうち80%がトラックや
SUVが占めた。

モーニングスターのアナリスト、ジョン・ノバク氏は「全般的な弱さがでてきている。
自動車業界のリスクは、ダウンサイドが大勢。目先の販売を押し上げる材料を見つけるのは
困難」 と話している。

引き続き好調だったのがトヨタ自動車。8月は燃費効率の高い「ヤリス」 やハイブリッド車
「プリウス」をけん引役に13%の増加となった。

韓国の現代自動車も、「ソナタ」の新モデルの売れ行き好調を背景に6%増となった。

ホンダは7%減、日産自動車も6%減だった。



 
[PR]
by f1wrxgt | 2006-09-04 09:12