相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー

<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧


http://web.mit.edu/newsoffice/2006/comm-bernanke.html

9日だったようです。 

気になる内容の言及はありません。 卒業生への はなむけの 一般的な内容。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-06-10 12:28

投資は余裕資金の範囲で

転載
--------------------------------------------------------------------------

皆様は絶対にこのオプションに興味は持たれても、嵌らないことをご注意申し上げて
おきます。    
何年に1回のこの宝くじ的なビギナーズラックに嵌った人の将来は悲惨だということだけは
申し上げておきます。 
基本的にはオプションは掛け捨ての保険なのです。
短期的には結構稼ぐ人はいますが、それは天才肌のギャンブラーです。   
何を隠そう私も先物からオプションへと入り、その前年の個別株の儲けの大半を失いました。   
悲惨の1歩手前で引き返したのです。 競馬やパチンコ同様お遊びならよいのですが、
本格的にのめりこみますと精神的に追い込まれて夜も寝れなくなります。     
時間的に限られた状況で闘ったことのない方にはこの恐怖は想像できないと思います。

 ---中略---  
   
時間の制約ともう一つ隠れた大きなプレッシャーがあることが判ったからです。   
それはプロになると休むことが出来ない、立ち止まることができないという、アマの勝てば
儲けものという暢気な闘いが許されないからです。    
株での生活はサラリーマンのようにコンスタントに金が入ってこないのです。   
また、逆に入るどころか出ていくケースも結構あるのです。
このコンスタントに勝つ(それも1年や2年といった短期でなく、何十年も)苦しみは、絶対に
やり始めたものしか判らない苦しみです。   
[PR]
by f1wrxgt | 2006-06-09 20:47

12-13-14日

やるならば、当面はデイで望むのが14日までは無難。
辛口さんの言うように、テクニカルは通用しない需給だから、とにかく外人売り越しが止まら
ないとどうにもならない。上がれば確実に売りが待ってるし・・・。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060609-00000102-rtp-biz

抜粋:

米国では13日に生産者物価指数、14日消費者物価指数、地区連銀報告(ベージュブック)
など。 (28~29日FOMC)

日本では12日(朝)にGDP2次速報値が公表されるが、1次速報値の前期比年率+1.9%
は上方修正される見通し。

14日~15日に日銀金融政策決定会合が開かれるが、「ゼロ金利政策解除」は見送られる
ことが確実視されている。
( ・・・↑これは14日の米CPIを待たないと実際わからん。 
  ここのところ日本の短期金利が過敏な反応をしすぎているから、6月は見送りだろうが。)
[PR]
by f1wrxgt | 2006-06-09 16:33

訂正

米国 5月 消費者物価指数 (CPI)

発表日は 6/14(水) 8:30 am     (日本時間は同日夜)



19日ではありません。 (見間違えでした m(__)m )
[PR]
by f1wrxgt | 2006-06-08 23:19

米 CPI

http://www.bls.gov/cpi/cpireldates2006.htm

6月は 19日発表 ・・・ 10営業日先か。 
その間 市場センチメントがどう動くか。 


今週 ¥2000億 買い残が落ちれば ¥5兆。 ¥5兆割るぐらいまで落ちそう。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-06-07 14:55

5日付けコラム

http://blog.mag2.com/m/log/0000048497/107347001?page=1#107347001


http://jp.jinbn.com/2006/06/05184521.html


村上Fの中枢には、元警察OBや証券・会計・法務に詳しい3人がいたので、厳密には
インサイダー取引をしたかどうかという判断は難しいのが実体では・・・・という箇所は
おそらくその通りだと思います。
雑誌「選択」でもこれまで何度かLDや村上Fなどのテーマを取り上げてきたが、ゆくゆくは
問題化するだろうという匂いはプンプンしてました。

この件は、今後の展開を見守るだけです。


イランのアハマディネジャド大統領が原油がらみ過激発言をしたため、WTI63超え。

三菱UFJの優先株→普通株転換売り出し と ついでの自己株式¥1200億売り出し
=合計¥5300億の市場調達 ・・・ タイミングが最悪。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-06-05 23:14
村上Fネタは、一部新聞とネットでは予測されていたことなので、出尽くしという判断でよい
と思ったが、CMEが高く帰ってきたことで高さを利用した先物の押し込みされた。
昨年末~今年年初の高値で買った6ヶ月信用の返済期限も今のタイミングですから、
金曜は投げもある程度出たと推測します。

チャートからは今日の前場で底という判断となるのだろう。
しかし、信用買い残が2005年春迄の3.5兆を上限とする位置から5.5兆に増えた状況
は、今後も同じような5兆の水準が相変わらず持続すると思います。
戻り売りが頭を抑え、個別は上値が重くなる傾向に変化なし。

証券会社の自己売買部門は5月で裁定買残が5兆→3.5兆に減少しているので、ここから
上昇トレンドならこの裁定買いが相場を押し上げる。
裁定買いは先物売り(ヘッジ)とセットなので、また5兆近くに積み上がると下げてポジション
解消されるパターン。

2004年型では、底から切り返すのが早いが、2005年型は2-3週間かけてから上昇に
入っている。

米国の雇用統計の非農業部門の新規雇用は7.5万人で、予想の17万人を下回った。
既に昨日の雇用単位コストの発表では弱めの数字が好感されてた。

6月中旬の米国消費者物価指数・・・・ やはりコア物価が落ち着いていれば好感。
月末FOMC の利上げで利上げ休止または0.25%の上げ、以降利上げ休止という展開が
世界的な相場の再上昇に必要です。

2004年型=経済状況が不透明、企業業績の伸びが鈍化懸念・・・という気運が続くと、
貼付NKチャートのように上下幅の大きな難しい相場。 

買い残が減らないと上値が伸びない、頻繁に売買しても、うまくいかない一年。
あえてポジションを取るならば、今日のような15,000、15500接近時のみ 少量の
試し買い・・・戻りを売る・・・ 安全策。
f0006087_134725.gif

[PR]
by f1wrxgt | 2006-06-04 13:04

転載

FOMC議事録こうみる:
金融政策に中立の内容=大和総研シニアストラテジスト 成瀬順也氏

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録によると、5月のFOMCでは金利据え置きから
0.5%利上げまで両サイドの政策手段について討議されており、金融政策に対して中立的な 内容だと受け止めている。インフレや景気の上方リスク、下方リスクがともに高まる不透明
な中で、6月FOMCに向けて経済統計次第で考えるということだろう。

米国株はこれまで下げ過ぎていたため31日の反応は限られたが、6月の金融政策の方向
が ある程度みえてくる6月中旬のCPI統計発表あたりまでは、日米とも株価は経済統計を
にらんでボラタイルな展開が続きそうだ。 (東京 1日 ロイター)

---------------------------------------------------------------------

PER、配当利回りから安すぎという銘柄が続々出現することになるし、ここは割らないだろう。
-2δ   15350
200日  15120
[PR]
by f1wrxgt | 2006-06-01 09:54