相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

さて、

LD問題が日々の東証地合いや指数に与える影響は、ほぼ終わりと見ます。
ただ、LDオート(旧ジャック)やダイナシティの株価操縦の追及や、LDがらみ投資事業組合
に出資した自民議員をめぐる政治混乱があるのでしょう。(安倍晋三がヤバイらしい)

LDの他に新興の1-2社が摘発を受ける・・・・という観測もあったのですが、LD問題が
深く追求されることで、第2、第3の新たな爆弾破裂は3月までないと見られています。
3月には検察(公務員)の人事異動があるので、現行捜査もそこで一旦幕引きらしい。

局地的には、フジTVのLD株含み損問題・・・・このままでは3月期に減損処理しなければ
ならない(12%=¥400億程度 ・・・ 目減りは¥300億ぐらいか)
業績の粉飾やマネーロンダリング(暴力団との繋がり)・・・・こうした問題が解明されない限り
は、他社の買収や外資が前にでてくることもなさそうです。

今後、楽天のTBS提携がどうなるか。 モルガンとSMFGから調達した¥2000億が宙に
浮いたまま。

27日の終り値で、欧州DAX、FTSE100 ともに高値を更新しています。ただ、先週の
NYダウ$220下落からの戻りを見ても、高値での荒い値動き(波乱なのかどうか)です。
WTI原油は $65からまだ吊りあげられるのか、 $65-60で高値安定なのか?
前回$70時にガソリン高でアメリカは混乱(消費マインドは低下)しましたので、$70超え
の可能性は低いでしょう。
為替がまた¥安方向に動いていますので、外人のNK買い上がりと¥売りヘッジが、昨年
11-12月の様に再現されるか? (12/15のXマス前、 ポジション解消で反転)
$/¥も注視です。

テクニカルを見る参加者は、再度15000接近ないしは、14500辺りへの3段目下げを
気にしているのですが、そのようなオーソドックスな見方が再び裏切られるか?

FOMCを前後していろいろ細かい動きが出るのはいつものことです。(31日)
日本の3Q決算の良い数字を、今迎える日経が果たして高値迎えなのか、16500を上抜く
上昇材料となるのか。

月曜始まってみないと判らないです(正直言うと)
[PR]
by f1wrxgt | 2006-01-29 22:43

宮本道場

http://miyaju.exblog.jp/


気は長く、勤め堅く、色薄く、食細く、心ひろく ・・・ by 瀬戸内寂聴
[PR]
by f1wrxgt | 2006-01-26 19:38
http://pmail-kabu.seesaa.net/article/11016869.html

2005に参戦してきた初心者の個人投資家は、相場に望む以前にすべき基礎知識の
学習をほとんどしていなかったようです。
例のLD2階建ての人もそうですし、17日のあの暴落直前にLD株を買おうという個人は
たくさんいました。
メディアや堀江氏のパフォーマンスを素直に好意的に受け止めていた。

財務諸表や損益計算書、四季報すら目をくれず、ヤフーファイナンスなどのサイトで
ランキングから銘柄を選び、上がるから買う、買うから上がる・・・・というように戦略も
戦術もなく売り買いを進めてきた。 しかも、信用をも利用して。
そして、上昇相場しか知らない。

NK暴落で追証が発生して、理解できずに証券会社に電話をした・・・・・という笑えない話
もあったようです。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-01-26 19:31
LD騒動の話はもう飽きましたよね。 マネックスが場中に代用掛け目をLD、LDMに対して
ゼロにした。その機を待っていたかのようにGSなどの外資が先物を売り込んできた。
15500~15010への下落はこうして作られた。 作為的でした。
LDがS安で値が付かないため、LD株で含み損を抱えるホルダーは他の株を売りましたし、
マネックス口座を売り払う・・・・という投げの行動が先週あった訳です。
15010 → 15890 への切り返しえにはPKOが あった模様。

HS証券野口副社長の自殺・・・・・実際には○暴がらみの他殺らしい。
大株主であるフジTV・・・日枝会長はその影響を自覚せずに喋りすぎです。
外資がLDを買収する・・・・などという情報をメディアやネットで流し、一株純資産に近い
@185以下なら買いだろうという個人の買いを集めるヤラセ。

東証の約定能力問題はイヤナおまけでした。 LD問題の教訓としては、安易すぎる新興
市場への上場、甘い審査、いい加減な会計監査、上場後の放任・・・・東証およびSECの
市場運営の規律を高めることが必要ですね。

31日のFOMC後は、一応注意すべき時間帯でしょう。 為替や商品などの市場も揺さぶり
があるかもしれませんし。

明日にならないと判りませんが、ソニーの好決算もありますし、このまま16000に乗せる
のか、それとも15960で跳ね返され調整が長引くのか・・・・・高い株価で好決算を迎える
ソニーの値動きには注目します。

保守的に売り買いすること・・・・暫く仕方ないです。

先週・今週あの忠吉氏は、乱高下の中のデイの買いベースで¥1000万ぐらい損切りを
余儀なくされています。 NKがリバウンドの上昇地合いでは取り戻していますが、埋め切
れていません。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-01-26 19:23
http://blog.livedoor.jp/easygame/archives/2006-01.html#20060119

数万株保有している個人ホルダーはザラにいます。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-01-22 00:21

LD速報 (昨夜ベース)

ライブドア本社に東京地検特捜部の強制捜査
【1/16(月)16:13】

現在、ライブドア本社に東京地検特捜部の強制捜査が入っている。ライブドアが行った
株式100分割に関してのインサイダー疑惑という話だ。証券新聞の会社、一部の証券会社
が関連している件であれば、本サイトが昨年5月より持っている資料があるので随時公開
していく。堀江の身柄がとられるかどうかについては現在取材中で未確認だが、逮捕の
公算が非常に高いと思われる。とりあえず速報まで。

(16:41続報)
情報が錯綜している。東京地検特捜部は任意捜査だと言っているとの話有。
証券取引法違反容疑も、100分割の件という話もあり、株式交換の話もあり、現場を含めて
混乱中です。

(16:57続報)
堀江は本社を離れ、別のところで特捜部の聴取に応じている模様

(17:05続報)
容疑の一部が「風説の流布」であるとの話。最高検との協議で、今日は逮捕はないという話
が流れている。また、自民党の武部が捜査当局に難癖をつけているという(自民党の
イメージが下がるため)ために、今日は堀江の逮捕がないという自民党筋の話もある。
東京地検の強制捜査までは評価するが、本サイトでも昨年再三報じてきた大鶴特捜部長
であるだけに、その先にいけるかどうか見ものだ。

(18:00続報)
本サイトが証券等取引委員会に提供したネタも容疑に上がっている。詳しくは月末発売の
WILLで書くところになるだろうが、状況によってはそれよりも早く出す。

nikaidou.com

------------------------------------------------------------------------------------------

普通は朝唐突に踏み込むのですが、今回は一報されてからのようで、まずい書類など
処分する猶予があったかもです。
ただ、証取法違反程度の容疑で済まず、当局はいろいろ更にその先を追及するネタには
こと欠かない筈です。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-01-17 10:34

金利面で考えると・・・

昨日郵便局で定期金利を見てびっくり。1年物は今だに預金金利が0.02% ・・・ 
なんじゃこりゃ?
この10年銀行預金などの類をしてないから、0.1%ぐらいまでは憶えていたけどね。
一方、貸し出し金利2%だから、銀行は100倍の差で儲けをだしているのか・・・・そりゃ
業務純益よくなるし、ボロ儲けじゃん。 金利ゼロで資金調達してるんだもの。
せめて預金金利0.5%ぐらいにしろよ!

考えてみると:

株を¥100万買い、1ヶ月で¥1万利確したとすると・・・
¥10,000 ÷ 0.02% =¥50,000,000

¥5千万を0.02%の定期預金に預けたのと同じ効果。
しかも、毎月このペースなら、x12ヶ月で ¥6億の預金を預けていたのと同義。

こう考えると、一般個人が心がけるべきは、損をなるべくださず、利益確定をしっかりやり
ながらも、利をこつこつと伸ばすこと。

買った株が短期2倍、3倍になるのを期待したり、あえてデイトレに励んだり、必要以上に
リスクをとる投機的運用をする意味はありません。
売った株がさらに上昇しても、悔しく感じる必要もない。

預金金利だけで運用の人からすると、¥1万/年の運用益・・・って今の時代もの凄いこと
なんですヨ!(笑)


過去5~10年 給与が減り預け入れ金利も奪われた庶民の財布の紐が、きつく閉められ
たのは当然の帰結ですね。消費しないし、そりゃデフレにもなる。
金利を下げすぎたにもかかわらず、景気を反転させられなかった当局の判断ミス。 
これを、流動性の罠といいます。
ゼロ金利以下にもう金利を下げることは不可能だから、景気浮揚のための金融政策は
手足を縛られたという状況。
それで、じゃぶじゃぶにじゃぶじゃぶを重ねるような量的緩和=貸し出し資金はだぶついて
誰も借りないけど、それでも資金供給は潤沢で緩和ですよと市場のマインドを楽観させたい
だけの効果。
そりゃ、インフレ傾向になります。 +中国がらみ状況や資源で調整インフレを日米演出し
煽っている。

外需で日本企業OK、株価上昇&都市部不動産上昇、不良債権処理最終段階、給与下げ
止まり(でも一般社員の月給は据え置き)・・・・それでも金利はゼロレベルで暫く政治的に
上げられない。
・・・・こうなると個人は預金やボーナスなど買い物を我慢している余裕分を、消費を始めたり
株式運用で増やそう・・・と考えるのも当然の行動ですね。

預け入れ金利は、0.5%または1.0%より下げてはいけないでしょう。 金利が付かない
預金となると、途端に消費マインドは減退する。

信用買いの金利が3%以上あたりになると、さすがに金利コストがかかるので建てにくくなる。
株価上昇がマイルドになれば、評価率も買い方は苦しくなる。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-01-13 06:08

ためしてがってん

http://www3.nhk.or.jp/gatten/schedule/index.html

NHK総合 水曜  20:00 のご存知の番組ですが、今日の 豚肉の特集 は常識を覆す
内容でした。
後日再放送を1chかBS1 でやると思いますので、HPで確認してみてください。

http://www3.nhk.or.jp/toppage/program_index/kurashi.html

豚肉は細菌がいるから、十分過熱して中までよく熱を通して・・・・と昔から言われています。
しかし、その細菌が日本では発見されたことがない。
また、SPF豚(無菌豚)が今の養豚の種類なので、心配ない。

50-60℃の温度帯を長く使うことが、肉の旨みを引き出す(=酵素の作用)秘訣。

ポークソテーとスライス肉それぞれの調理法を説明して
いました。
(たいていフッ素コーティングのフライパンを使いますから、強火・・・・というのは、
 フライパンの過熱後は 中火で調理と 解釈すればよいです。)

牛肉の焼き方のミディアムぐらいの感覚で仕上げる・・・・感じかと >ポークソテー


お試しあれ。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-01-11 21:17

米株価指標

昨日のモーサテで、NYダウの構成にも問題が生じていることを解説していた。

GMの株価低迷でダウ指数が必要以上に、下に引っ張られている。
時価総額で10倍のGEは、ダウに対する影響度がGMの半分。 仮にGM株が今の2倍と
しても、時価総額を考えると、まだGMの影響度寄与度が勝る。
落ち目のGMに対し、エクソン・モービルに次ぐ売り上げと利益を誇るGE・・・・その差は歴然。

まるで、NKのハイテク株ウェイト問題と同じようなことがダウにも起きているようです。

トピにも注視するのですから、S&P500やNY全株価を網羅し加重平均の指数である
ウィルシャー5000、中小型株のラッセル2000を同時にチェックすべきだと思います。
昨夜のダウは変わらずだけど、ウィルシャーとラッセルはしっかり上昇でした。

http://finance.yahoo.com/q/bc?s=%5EDWC&t=6m&l=on&z=m&q=c&c=

http://finance.yahoo.com/q/bc?s=%5ERUT&t=6m&l=on&z=m&q=c&c=

イラクがらみ戦費と駐留経費が 月¥7000億 (=$70億)の支出
2005年までで 累計¥230兆換算 (うち¥30兆は日本が米国債買いで負担した)
¥200兆 ($2兆)アメリカの財政赤字が悪化(ドルの刷り散らかし)したということです。
そして、2006も年間で¥12兆 が黙っていても増加。
アメリカの財政赤字は累積が凡そ日本の2倍あります。

ドル原油本位制で世界経済をコントロールしている米国とはいえ、これではドルの信認は
維持できない。イラク派兵の暫時撤退と縮小が2006から始まるのは財政の面からも
当然の帰結。

戦争特需による景気刺激(イラン攻撃とか)をすぐやる訳二いかないし、9月には中間選挙
・・・・とすると、共和党は支持母体の中西部製造業に対する施策をとらざるを得ないか?
FFレートが4.5%(~5.0%)まで上げてるので、仮に夏ぐらいから米景気が減速しても、
利下げという手段が使える。
$/¥105も想定としてはあり得る・・・と考えるべきでしょうね。 ただ、日本も量的緩和
の解除と増税路線、9月の総裁選・・・・があるので、米当局も必要以上の¥高昂進は操作
しないだろう。

米国は夏場まで個人消費が堅調なままで、米企業収益も2桁成長確保・・・FFレート5%
到達または若干それより上の可能性もないとはいえない。
どうしてもドル安傾向の2006に・・・・ということではないので、あしからず。
GM問題が破滅的にならなければ、米当局の$安転向のカードを切る可能性は少ないと思う。
赤字財政をファイナンスするために、外国投資資金の米国への誘導を金利差で確保継続
したいという思惑もあるのだし。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-01-11 20:19

SQ

13日(金)は SQです。 同時に 11月機械受注統計の発表があります(たぶん14:00)
早くも今日からSQ前の上げ下げの思惑を伴った先物の動きのようです。
買い残¥5兆超え、裁定買い残も¥4兆近くあるが、米相場は上値抜けを始めたところ。
FTも早5700ですから、弱気の要因もなく過熱も年明けからは世界的に見て、それほど
でもない。

循環物色で拭いたら利確売り、押しがあれば買い直す・・・・やはり買いベースが楽。
押しはタイミングとどのぐらいの値幅があるか・・・・という想定が難しく不随的な動きなので、
純空もつなぎも非常にしにくい環境が続いております。

ウクライナのガス問題は、一応の解決に達したようです。 ウクライナにはロシアから2系統
のパイプラインが敷かれており、欧州に伸びています。
その一系統は、ウクライナを通過しチェコ方面に延びてドイツに達していますので、ロシアの
ウクライナ向けが供給停止でも、この通過する欧州向け一系統は問題なかったとのこと。
日本のメディアの一時情報は細部が欠落していて、使えません(苦笑)

ウクライナは黒海沿岸を有しており、その港はロシア黒海艦隊の寄港地です。
その利用料を値上げするなど、ウクライナにもカードがあったらしい。

ロシアは激安価格の天然ガス供給でいわばウクライナに対する援助をしてきた訳ですが、
ウクライナの政治はアメリカ寄りを選んだ昨今なので、ロシアも援助だけしているわけに
いかんぜよ・・・・・という意思表示だったのです。

今後この問題が再発しても、EUへの天然ガス供給に影響はほとんどないと分かったのは、
朗報です。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-01-10 23:31