相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

こんにちは

皆さん 強度偽装問題 へのコメントありがとうございます。
なんだか、無料ブログは機能が乏しくて、コメントの個別削除など細かいことができない
みたいです。 ¥250/月 のアップグレードすればよいのかどうか・・・・。
ちょっと 他のブログも登録して機能を確認してみます。

4748 構造計画研究所 JQ
9784 日本工業検査 JQ

これらも 飛びましたね 日本ERIが跳ねたときにヤフー板をみて、皆がイケイケだったの
ですが、きっこの日記などを読むと、民間検査会社のほとんどがハウスメーカーやゼネコン
の資本・人・公的検査会社から移動した社員 などで成り立っているのを早くに知り、
ヒューザー・木村建設・姉歯・イーホームズ にとどまった話ではない・・・・という予想でした。

それより、竹中総務大臣が決まった時点で、SBを買うべきでした。
SBは、ソフトバンクグループファンド (トヨタグループファンドのパクリ)を始めたところ
でしたし、SBI(北尾吉孝)が募集の音頭をとるなら、グループ株を買い上げる資金力は
どうとでもなる・・・。
SBだけでなく、CCI 4778 も 25万 → 42万 に駆け上がりました。<痺れ切らして
安値で手放し残念!

SBは先日 ADSLモデム事業を売却方針ということで、今後は光ケーブル一本で行く。
そして、携帯端末に参入しますから、 IP電話による携帯・固定ネットワークを直結。
( 分割されたNTTとドコモがこの流れでは個別の会社であることがハンデになる)

竹中はSBに有利な方針を総務大臣として提供しつづける 1年になるでしょう。

SBグループ関連の株は、相当高くなりましたから、ここから乗るのはもちろんしません。


最近 良いと思う曲

”語りつぐこと”                 元ちとせ
”青空のナミダ” 、 ”彼等の行方”    高橋 瞳
”PRIDE ”  ”Style”            High & Mighty Color
”風花”                      森山直太郎
http://www.universal-music.co.jp/moriyama_naotaro/

”Speed of Sound”            Coldplay
http://www.toshiba-emi.co.jp/coldplay/discography/xy.htm
[PR]
by f1wrxgt | 2005-12-03 18:37

http://tech.ciao.jp/blog2/
西尾幹事のスゴイタイトルの本です。

強度偽装問題は、もう一人国会議員と小泉首相自身にもつながるらしい。
小泉派ブロガーは、一切強度偽装問題に触れていないらしい。

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/
11/30, 12/1 コラム


http://www3.diary.ne.jp/user/338790/
12/2  素人が立てたホテル  1-4
11/30 これが全ての構図です1-5
11/29 いよいよ大詰めか   1-5
11/23 本当の黒幕は     1-5
11/21 民営化の落とし穴   1-8
[PR]
by f1wrxgt | 2005-12-02 10:32

NK 強すぎる

TOPIX          1,559.81   +23.60
日経平均株価     15,130.50   +258.35
ジャスダック指数     112.47    +0.86
TOPIX先物1限月   1,559.00   +24.00
日経平均先物1限月 15,130.00  +250.00
米国$ 119.8100

ペンタゴンチャートでの目処では、15200-15250の C点を目指した感じです。
15000を超えるかどうか様子見していた向き、先物やOPのポジションで買い戻しなどを
伴ったラッシュ↑が14:00過ぎから本物に。
今日も寄りの14950で上向き突っかけ、後場は凪というパターンだと参加者が思い込ん
だところを、先物主導で15000 突破 といったところか?
前場、SBが押され、船・重工が賑わえば 錯覚し、フェイントになります。

量的金融緩和の解除に慎重意見の声が大きいのは、
*消費に冷や水となり景気失速を懸念、
*来年度に提示される増税政策がある中、金利上昇による引き締めという環境を先延ばす
*金利上昇観測から、個人投資家が株式や個人向け国債への投資姿勢を後退させるのを
 防ぐ

量的緩和は、銀行貸出を容易にするじゃぶじゃぶ政策で、解除=即金利上昇ということで
はない。 現状 10年国債利回り2%はあっても良いでしょうけど・・・・。
(デフレの最悪局面を乗り切り中期の企業業績が上向いている現状、日銀は正常な金融政策に戻りたい意向は当然持っている。 緊急避難策が、量的緩和政策なのだから)

竹中氏としても、始まったばかりの個人金融資産の移動・・・現預金 → 投資運用 という
流れをまだまだ継続させたいだろうし。


2768 双日  @379  →  389    2000株
[PR]
by f1wrxgt | 2005-12-01 15:31