相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2006年 09月 29日 ( 5 )

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060929-00000112-mai-bus_all
[PR]
by f1wrxgt | 2006-09-29 23:04

転載

http://www.lt-empower.com/mailmag/back_09/back_09.html

29日配信 大前研一 メルマガより

経営の基本は、AND経営ではなく、OR経営 ~前編~

USEN株が急落、USENの経営から何が学べるか
---------------------------------------------------------------------

●迷走するUSEN経営の背景にあるAND経営の危険性

13日、一時、USEN株が急落をしました。
これは、UBS証券の投資判断がこれまでの「中立」から「売り」へ変わったことが
きっかけとなっているとのことです。

USENの業績を事業別に見てみると、次のようになっています。

・最大の収益源であるカラオケ/有線放送事業では、利益は出ているが伸びがない
・BB/通信事業では、売上は伸びているが、利益は出ていない
・映像/コンテンツ事業では、売上は伸びているが、赤字が拡大している

さらに言えば、このようなUSENの業績面からの判断に加えて、USENという会社の
経営手法そのものに目を向けてみると、いずれ経営が上手くいかない状態になるのは
目に見えていたではないか、と私は思ってしまいます。

193億円ものお金を使って自動清算機メーカーのアルメックスを買収したり、
人材派遣のインテリジェンスを子会社化したりといった施策は、USENの経営が迷走し
始めていることを顕著に物語っているように私には感じられます。

USENの経営が迷走し始めているとは、どういうことか?
こういう質問を投げかけてみると分かりやすいと思います。

「そもそも、USENという会社は何をやる会社だったのでしょうか?」
「インテリジェンスを子会社化したということは、人材派遣の会社でしょうか?」
もちろん、USENの事業ドメインは有線放送ですから、 「それ(=人材派遣)"も"やっていま
す」 というのが答えになるのではないでしょうか。

実は、ここに大きな間違いがあるのです。
経営とは、選択であり、集中し焦点を定めることが重要なのです。
だから、「AもBもやっています」というような 「AND経営」ではダメなのです。
「AもしくはBを選びます」という、 選択と集中を意味する「OR経営」が経営手法として
正解だと私は思っています。


●AND経営で上手く行っているのはGEくらい。 OR経営による「選択と集中」が大切。

USEN以外でも、このような「AND経営」に陥ってしまっている例は、数多く見受けられます。
例えば、証券会社や消費者金融、プロ野球にまで手を広げてしまった楽天、成城石井や
エーエム・ピーエム・ジャパン(am/pm)を買収した、牛角のレインズ・インターナショナル
(現レックス・ホールディングス)なども、私から見ると「AND経営」に陥っていて危険だと感じ
ます。

私が「AND経営」を非難するのは、「AND経営」でそれぞれの事業間でシナジーを発揮させるのは、並みの経営者では不可能な芸当だろうと思っているからです。
USENの宇野社長にしても、インテリジェンスを創業した手腕は見事でしたし、
私は経営者としての素質が高い人だと思っています。
その宇野社長をもってしても、「AND経営」でシナジーを起こすことが難しいというのは、
その業績を見ても明らかでしょう。

私が知る限り、「AND経営」で成功しているのは世界の企業の中でも、唯一GEだけでは
ないでしょうか。
GEはそれぞれの事業においてしっかりとした経営者を置き、そして、多国籍・多角事業を
纏め上げることに成功しています。

それは、経営者の実力も、経営者育成にかける情熱も、評価システムも、他の企業と比べて
一つ抜きに出ているからこそできることだと思います。
そして、現状で言えば、おそらく他の企業がGEと同じことをやろうとしても失敗するだろうと
思います。
現実に、GEと同じようなことをやろうとしたウェスティングハウスは、空中分解して会社が崩壊
してしまいました。

先に述べたUSENも楽天もレックス・ホールディングスも、どこも「AND経営」で成功している
とは思えません。
だから、現実的に不可能な「AND経営」ではなく、 「OR経営」によって、選択と集中をする
手法をとっていくべきなのです。

GEのような多角化・多国籍化という方法でなくても、世界へ進出するくらいまで、1つの分野
で徹底的にエクセレントになることを目指していけば十分に立派な結果を残すことができると
思います。

例えば、シートベルトのメーカーであるタカタは非常に優れた企業です。
1960年に日本発のシートベルトの製造・販売を開始し、基本的にシートベルト一筋で成長
したメーカーです。
現在、世界18カ国 48工場を構え、国内外で高いシェアを 持っています。

1つのことでエクセレントになることを突き詰めていくだけでも、これだけの結果を残すことが
できるのです。
事業を営むというのは、それこそ1点集中でそこに命を懸けるくらいの気概が必要だと思い
ます。
安易に多角化を図って、自分を見失ってしまうような 「AND経営」に陥ってしまうのは避ける
べきでしょう。

選択と集中というのは、ある意味、基本原則ですから、 「そんなの、わかっている」と感じる方
も多いかもしれません。
しかし、実際には日本でも名だたる有名企業であっても、AND経営に陥っているケースは
多いのです。

つい先日も、新幹線に乗っているときに見かけた、ある大企業の広告を見て、「この企業も、AND経営に陥ったか」と私は感じたばかりですから・・。

その企業とは...(後編へとつづく)
[PR]
by f1wrxgt | 2006-09-29 16:56
[ニューヨーク 28日 ロイター] 

米証券業協会(SIA)が行った調査では、ニューヨーク証券取引所と全米証券業協会
(NASD)に登録している米金融機関の国内事業の2007年税引き前利益は
合計196億ドルとなり、2006年の256億ドルから23%減少するとの見通しが示された。

07年の収入は1964億ドルと、06年の2086億ドルから6%減少が見込まれている。

SIAのチーフエコノミスト、フランク・フェルナンデス氏は、07年は景気減速や企業業績の
伸び鈍化により、証券の発行・流通市場の活動が鈍ると指摘。
また、企業の合併やレバレッジド・バイアウト(LBO)、プライベートエクイティー絡みの案件
を通じた手数料収入の伸びも衰えてくると予想している。

 

 
[PR]
by f1wrxgt | 2006-09-29 12:41
NYダウは 2001年につけた引け値(終り値)ベースの最高値11722を抜いて 
11723.5を昨夜つけた。
なお、NYダウの史上最高値は2001年の 11750  ・・・  CNBC大騒ぎしすぎだろ。

 うましか ” か!(苦笑)

S&P 500 の史上最高値は、2000年 3月  1552.87

ナス         ”        同         5132.52 ・・・ ハイテク・バブル時
  
                    2006  4月  2375.54  ・・・ こちらを目処とすべし


今朝のモーサテ出演の野間口さんは冷静、的確な分析でした。 ナイス!

「商品市況の軟化と米景気減速・後退を嫌気した投資・投機資金は、現在米10年国債に
避難(質への逃避)している。
米経済が軟着陸することがはっきりし、原油価格が$70以下で安定しガソリン価格も
$3以下で安定、インフレを押さえることにも成功する・・・・これが鮮明になる際に、
これら資金が株式に回帰してさらにダウ・ナスを押し上げるのか。

それとも、再び原油・エネルギー資源にもどりインフレ懸念が再燃するのか。

または、住宅販売の失速が深刻化し、景気後退 → 利下げ期待 へと進み、債券が
継続して買われるのか・・・・・・。」

まだ、警戒が必要 ・・・・  という趣旨。


シティー銀が インテルを格上げした模様。 ナスも2375を抜かせようという胆なのか・・・
米下院改選選挙は まだ 1ヶ月先だというのに、ロックフェラーは何を考えてるのか???

この9月末のダウの上昇は、WTI原油価格の上下操作とセットですので、あくまで原油価格
と米景気指標の発表数字に注意 ・・・・  10/18 米CPIまで
[PR]
by f1wrxgt | 2006-09-29 07:03

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060925-00000538-reu-bus_all

29日(金) 

08:30 8月全国コア消費者物価指数 (総務省)

ロイターがまとめた民間調査機関31社の予測では、総務省が29日午前8時30分に発表
する8月の全国消費者物価指数(生鮮食品除く、コアCPI)は、
予測中央値で前年比プラス0.3%となった。
7月のプラス0.2%から上昇幅がやや拡大する見通し。ガソリンなど石油製品価格の上昇
が押し上げに寄与するという。


08:30 8月の全世帯消費支出 (総務省)

ロイターによる民間調査機関26社の予測調査では、8月の全世帯消費支出(農林漁家
世帯を含む)は、予測中央値で前年比実質マイナス1.3%となった。
7月の同マイナス1.3%に続き、8カ月連続で下落する見通し。

08:50 8月鉱工業生産 (経済産業省)

ロイターによる民間調査機関29社の予測では、8月の鉱工業生産速報の
予測中央値は、前月比1.9%上昇となった。
2カ月ぶりのプラス転化となるものの、経済産業省見通しの前月比4.2%上昇を下回る
見通しだ。
予想どおりとなれば、8月の生産指数は106.9となり、6月の105.9を抜いて指数としては
過去最高となる。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-09-29 06:41