相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー

2006年 05月 05日 ( 1 )

華氏911

ブッシュと911をドキュメンタリーで描いた、マイケル・ムーアの映画・・・・ご存知でしょう。
昨夜 CATVの深夜放送で初めて全編通して見ました。
アメリカを動かしている、地政学、軍産複合体、石油政策と利権・・・・の原理とブッシュ家
がパパ・ブッシュの時代を通して現在まで半世紀、米国の富を私物化している様が、簡単に
一瞥できます。
(その上には、国際資本家らと ロックフェラー が例のごとく居座っているのはご存知
でしょう。 米大統領ですら操り人形に過ぎない)

その上の大きな世界の枠組みについては、田中宇さんのところで・・・・。
http://tanakanews.com/

イラクでの米兵の戦死者はたしか2000名近く、大小の怪我を負った米兵は、この映画の
時点で5000人。 上下院議員の子弟はほとんどイラクに行っておらず、特権階級を支える
ために軍隊にリクルートされ派兵されているのが、経済的に下層にいる若者。
おまけに、州兵が大量に派兵されてしまっている為、各州を守る人員の不足がひどい
ようです。昨年のハリケーン カトリーナが南部州を襲ったときの救助がままならない姿が
露呈されました。  国土安全省・・・・実質、 時折テロやリスクを国民に対して煽るだけの
機能です。(FEMAが骨抜きにされてしまったのは恐ろしいね)

死体や怪我の部位など生々しい映像があるので、911は民放の地上波では放送されない
でしょう。 
レンタルして見ることをお薦めします。 (主題がかなり特化されているので、そのつもりで。 
感化される必要はないが、日本の格差社会が行き着くと、同じようになるということは理解
すべき。)


バーナンキ・・・・どうやらインフレ・ファイターではないみたい。
インフレ・ターゲット論者だから、安定した経済成長とインフレ率(物価水準)ならば容認。 
引き締めが後手に回るようなら、NY株価は現状のように、発表されている堅調な経済指標を
にらみながら、ジリジリ上ぶれしそうな雰囲気。

10日のFOMCで0.25%上げが予定通り実施され、問題となるコメントに”目先当面は打ち
止める” という文言は入れないだろう。 今後の利上げを、経済指標を見ながら・・・とする
のであれば、次回利上げのムードがでてくるまで、NY株価の一旦の上ブレとなるかもしれ
ない。 

12日にSQなので、日本企業の強い3月業績が続き17500節目までの戻りの上げという
ことならば、やはり短期は利食い。
10日のFOMCコメント後、11-12日は動きを見極める猶予日として、売り買いはしない。

バーナンキが景気の予防引き締めをとらない場合、米長期金利(10年国債)が5%を上回り
5.5%・・・・6% へと進むのは、米企業業績にとってマイナス要因。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-05-05 19:52