相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NK 強すぎる

TOPIX          1,559.81   +23.60
日経平均株価     15,130.50   +258.35
ジャスダック指数     112.47    +0.86
TOPIX先物1限月   1,559.00   +24.00
日経平均先物1限月 15,130.00  +250.00
米国$ 119.8100

ペンタゴンチャートでの目処では、15200-15250の C点を目指した感じです。
15000を超えるかどうか様子見していた向き、先物やOPのポジションで買い戻しなどを
伴ったラッシュ↑が14:00過ぎから本物に。
今日も寄りの14950で上向き突っかけ、後場は凪というパターンだと参加者が思い込ん
だところを、先物主導で15000 突破 といったところか?
前場、SBが押され、船・重工が賑わえば 錯覚し、フェイントになります。

量的金融緩和の解除に慎重意見の声が大きいのは、
*消費に冷や水となり景気失速を懸念、
*来年度に提示される増税政策がある中、金利上昇による引き締めという環境を先延ばす
*金利上昇観測から、個人投資家が株式や個人向け国債への投資姿勢を後退させるのを
 防ぐ

量的緩和は、銀行貸出を容易にするじゃぶじゃぶ政策で、解除=即金利上昇ということで
はない。 現状 10年国債利回り2%はあっても良いでしょうけど・・・・。
(デフレの最悪局面を乗り切り中期の企業業績が上向いている現状、日銀は正常な金融政策に戻りたい意向は当然持っている。 緊急避難策が、量的緩和政策なのだから)

竹中氏としても、始まったばかりの個人金融資産の移動・・・現預金 → 投資運用 という
流れをまだまだ継続させたいだろうし。


2768 双日  @379  →  389    2000株
[PR]
by f1wrxgt | 2005-12-01 15:31