相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

歴史、道徳、教育の再確認

保守からの視点を読むことで、日本人のアイデンティティを確認することが、戦後日本人の
自信を回復することに資するのでは・・・。

自分は(日本人とは)何者?・・・・このベースを再構築する。
借り物の西洋文明をうまく取り込んだ過去150年の日本の近現代も、このまま進むには、
方向感喪失したままではそれもうまく行かなくなっているのがバブル以降の現実。

自らの革命なしに採用した、民主主義・資本主義・憲法(全てキリスト教下で生み出された
産物)。 
借り物であると自覚し、その原論を一般国民レベルで学び再認識することが、借り物を使い
こなす秘訣。
それは、戦後教育があえて意図的に避けてきた部分。

日本史を事実上世界史から分けている歴史教育を改めること。 日本史とは所詮世界史の
一部であり、特に近代以前は東アジア文明史の一部に過ぎない。


「教科書が教えない歴史」 
ブック・オフにこの赤い表紙の”1”と緑の表紙の”2”がセットで置いてると思います。
(司馬遼太郎を良く評価している1コラムには疑義あり。)

http://www.amazon.co.jp/%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8%E3%81%8C%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E6%AD%B4%E5%8F%B2-%E8%97%A4%E5%B2%A1-%E4%BF%A1%E5%8B%9D/dp/4594020402/ref=sr_1_20/250-1006460-1424206?ie=UTF8&s=books&qid=1180061605&sr=8-20


「国民の歴史」 西尾幹ニ、 
「国民の道徳」 西部 邁、
「国民の教育」 渡部昇一

(シリーズで意味があるのは、上記3冊まで)
それぞれアマゾンの評価欄があるので、認識や事実記載の誤りを割り引いて読む。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw/250-1006460-1424206?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%8D%91%96%AF%82%CC%97%F0%8Ej&Go.x=16&Go.y=18
[PR]
by f1wrxgt | 2007-05-25 12:40