相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

中国・スーダン(ダルフール問題) と フィデリティ

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 5月18日(金曜日)  
通巻第1800号  


中国のアキレス腱を鋭利についてきた米国機関投資家
最大の投資信託「フィデリティ」が中国石油株を売却、バフェットも続く構え
********************************

全米最大の投資信託フィデリティは、資産の巧みな運用で知られ近年は中国の株式購入
にも余念がなかった。

スーダンのダルフールの虐殺が露見して、非人道的な措置に国際的な非難を浴びている
が、そのバシル政権に対して、中国が公然と武器を輸出し、残忍な独裁体制を支援し、
あろうことかバシル大統領官邸を建てるとまで言っている。
欧米はスーダンよりも、中国非難の大合唱を再び開始した。

米国議会の108名は連署で中国に警告の書簡を送った。
有力紙「ボストン・グローブ」は社説で、「北京五輪を“ジェノサイド競技会”と呼ぼう」と書いた。
 (同紙と連携する朝日新聞の社説は?)

ハリウッドではリチャード・ギアらが立ち上がり、スピルバーグ監督も北京に警告を発した。
スピルバーグは北京五輪の芸術顧問であるのに!
議会の一部には北京オリンピックのボイコットを訴える声もある。
 (平山画伯、この動きをどう見ますか?)

フランスでは温家宝首相が国会で演説をしたおりに、多くの国会議員が背を向けて立って
いた。
 独裁国家、人権無視の国からきた指導者に“神聖なる国会”の場を貸すとはなにごとか、
という抗議も含まれていた。

日本の国会は温首相の演説に拍手する手合いもいた。欠席して抗議の意をしめしたのは
小泉前首相くらいだった。
米国の議員連盟のように北京に抗議文を送る議員が不在、これでは中国から軽蔑される
のがオチだろう。

さてフィデリティである。同社は世論に敏感である。
保有していた「中国石化」(ペトロチャイナ)の株式の大半を売却した。
スーダンで石油を採掘し、輸入しているのは、この会社である。
フィデリティが保有していたペトロチャイナ株は、じつに11億ドル(香港時価総額)の38%。

投資専門ファンド「バークシャー・ハザウェイ」を率いる「投資の神様」こと、ウォーレン・バフ
ェット(世界最大の資産家のひとり)は、同じくペトロチャイナの保有株を売却する動きを
見せている。
五月五日の株主総会では、「いま儲かっている株式を売却するとは何事か」と反対が多くを
しめたため売却を見送ったが、全米での中国非難が高まる環境では、いつまでの資本の
論理が優先する筈はないだろう。

ブルームバーグ・ニュース(5月17日付け)によれば、中国が新しくスーダンで掘削してい
る石油は貳箇所、一日40万バーレル。
中国石化はハルツームに拠点を置き、マレーシア国営「ペトロダルス」と合弁で、ポート・
オブ・スーダンから1400キロの現場でも20万バーレルを掘り当てたという。
昨年から紅海へ送油を開始している。
[PR]
by f1wrxgt | 2007-05-18 09:18