相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

佐藤氏の目には時代が良く見えているようだ

獄中記 佐藤 優 著

小泉が自民党総裁に再選され、日本はあと三年間ハイエク型新自由主義モデルを追及することになる。持続的経済成長がハイエク型新自由主義モデルで国民全体が裨益する大前提であるのだが(経済成長が続けば、はじめはごく一部の金持ちしか享受しなかった財・サービスを国民の大多数が時間的に少し遅れて享受することが可能になる)、

この大前提が満たされなければ、今後三年間で日本社会内の貧富の差がかつてなく拡大する。これが総体として、「がんばって勝ち組に入るぞ」という人の数を増やし、日本全体の活力を増すのか、

それとも「競争、競争と追われてもなかなか勝ち組には入れないので、どうせ食べていけないほどの貧困はないのだから、そこそこ生きていければよい、むしろ自分の時間を大切にしたい」という人々の数を増やし、日本の活力が低下するのかについては見方が分かれるところだが、僕は後者の可能性が高いと思う。(P423)

僕には少なくとも過去十五年は飯を食ってきたので、日本がどうなっていくのかはよく見える。しかし、多くの日本人にはそれが見えないのである。
それがなぜなのか僕にはわからない。

過去数年間で、日本人は急速に論理や意味や構造を理解することがひどく不得手になってしまった。獄中でこのことを僕は痛感した。それに気づくと同時に僕は時代と共に進んでいくことがどうしてもできなくなってしまったのである。(P424)


http://www.amazon.co.jp/%E7%8D%84%E4%B8%AD%E8%A8%98-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E5%84%AA/dp/4000228706/sr=1-2/qid=1169604679/ref=sr_1_2/249-7665044-9725120?ie=UTF8&s=books
[PR]
by f1wrxgt | 2007-01-24 11:18