相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

転載

利上げとインフレ 


翌月の銀行金利は、前月末に発表されるのですが、1月の長期金利はかなり下がって
います。
短期プライムは上がっていますが、これは数ヶ月前に発表された通りです。

年末の日経新聞に去年私が書き込みしたのと同じ内容が書いてありました。
この掲示板では触れられていませんが・・
新宿、六本木とすごい人ですが、そこには韓国人、中国人がかなりいます。
ツアーを組んでやってきても、彼らにとって日本の商品は割安なのです。

今回の景気回復は輸出主導型の景気回復です。
日本の製造業は生産拠点を海外に移し、日本国内の労働力でまかなっているわけでは
ありません(国内の賃金が増えないのは当然といえば当然)
かつてのようにmade in Japanを復活させるには、移民を受け入れるしかないのです。
これからは、produced by Japan であってもmade in Japanではありません。
この構図では、かつての日本製が逆輸入で国内に入ってくるために、
円安はさらなる割高になります。資源も材料費もあがり生産コストはあがる一方です。
ここに日本の物価があがる一つの理由があります。

「いまの東京不動産はエンドユーザーが買えないから、割高だ」と言う人がいます。
そんなこと関係ないんです。
世界中がインフレになって不動産・商品価格が上がっているのに、
日本だけがまだデフレを引きずっているのです。
必ず日本の物価は今より上昇するのです。
日本人の労働者の賃金が上がってから、物価が上がるのではなく、
物価が上がってから、低賃金労働者が苦しむ構図なのです。
賃金があがらないのにタクシーも値上げですよね。
もうインフレはそこまで来ているのです。

日銀はおそらくそのことをよく理解しているのではないでしょうか?
急いで金利を上げて、少しでも円高にして、インフレを抑制する手段を講じないと、
この国はやばいのです。
金利を上げるスピードが速すぎると、国の債務が急増する形になりますが、
さらにインフレが進行することで帳尻があうのだと思います。

今年は、株価の流れだけを見ていてはだめです。
世界的な資産からみた各個人の円資産という観点から見ないと、
インフレのスピードからみた個人の円資産という観点からみないと、
日本株で儲かっても相対的に損していることが起こりうるのです。
[PR]
by f1wrxgt | 2007-01-03 14:06