相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

宮崎メルマガ

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成18年(2006年) 12月29日(金曜日) 
通巻第1657号   < 年末最終号 >

異常なユーロ高、日本だけが取り残された世界の株式市場
  日本の大手企業が乗っ取られる危険なシナリオなどが来年へ持ち越し


今年の印象を三つ挙げろ、と司会者から言われました。
昨日収録録画した年末スペシャル四時間(詳細は下欄)の冒頭です。
 
殆どの出席者(西尾、西部、西岡、西村、田久保、黄、平松)からは親王殿下の誕生、
安倍政権の誕生とその存在の急速な稀薄化、北朝鮮の核実験など共通項がありました。

そこで小生、同じことを言っても仕方がないので、経済に絞って、以下の提言をしました。
個人的に印象に残る三つとは、

(1)ユーロの突出的な価値膨張
  産油国、EU諸国とロシアが外貨準備をユーロにシフトし始め、ドルは相対的下落。
  ユーロは発足から低迷し、90円台だったものが、いまや一ユーロ=157円。
  この「通貨戦争」が、人民元切り上げと絡んで来年にもつれ込む

(2)中国、インド、アメリカの異常な株高
  日本経済は実質上は回復しているのに、なぜ株はまだ低迷しているか。
  世界の流動資金が日本をパスして中国などBRICSとウォール街に向かい、
  株式が鉄火場化していること
  したがって経済は実態からますまる乖離している。

(3)貿易、技術方面でも異常なアングルに要注意
  米中貿易はアメリカの2000億ドルもの赤字だが、さりとて中国ばかりか世界的に、
  画期的 発明はなく、インターネット上での“ビジネスモデル”の発明に若干の改良が
  あったくらい。
  技術的には文明的停滞に入っている。 
  だが、多国籍企業の巨人が国境を越えた買収を始めており、やがて新日鐵が宝山製鉄
  に、或いはトヨタが中国の自動車メーカーからTOBをかけられる日が来るだろう。
  M&Aの動向こそ、防衛同様に注視していく必要があるだろう(けさの日経一面トップも
  「日本企業 M&A15兆円 今年3割増、件数は最高」と大見出しがおどっている)。

 というわけで、さて録画中に印象に残った三つとは、

 (1)田久保、西部のやりとりがアメリカをめぐって先鋭的に対立、面白かった。
   小生の中国論と平松のそれとの対立点が浮上

 (2)西岡が韓国に於ける親米反共勢力の奪回シナリオ(実現するか、どうかは別)と
     平松の悲観的観測の対比。

 (3)西尾、西村の本質を鷲掴みにした論の立て方、黄文雄の文明論的アプローチ。

 どうぞ、大晦日、紅白歌合戦の裏番組です。お楽しみ下さい。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

http://www.ch-sakura.jp/topix/251.html

(桜チャンネルから特別番組のお知らせ) スカパー

 大晦日、スペシャル四時間ぶっ通し!

 <日本とアジアの未来、そして核武装を問う>
“日本よ、今。 闘論!倒論!討論!”
 

 12月31日 20:00~24:00     
  1月 6日 24:00~28:00 (再放送)

出演 西尾幹二、田久保忠衛、平松茂雄、黄文雄、宮崎正弘、西部遭、西岡力、
西村真悟、司会=水島総(順
不同、敬称略)
[PR]
by f1wrxgt | 2006-12-29 14:16