相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

必読


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4794210574/sr=11-1/qid=1165453608/ref=sr_11_1/503-2962131-5980762

「円の支配者」 リチャード・ヴェルナー (欧州ロスチャイルド系の金融マン)

日銀とは、福井俊彦とは何者か?
一国の経済活動において、金利の操作と信用創造が現代金融の鍵。


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4794214545/sr=1-1/qid=1165453724/ref=sr_1_1/503-2962131-5980762?ie=UTF8&s=books

「マネーを生み出す怪物」 エドワード・グリフィン 

中央銀行の正体


「円の支配者」で、日銀・・・特に戦後 アメリカ経済に組み込まれた様や、’85プラザ合意の
目的とその後のバブルとバブル潰しに繋がる過程がつぶさに語られています。
ブックオフで¥105で売られているようです。(’95初刊です)
'95年当時 発売されてすぐ読んだのですが、こんな当局を暴露して 発禁になるのでは
ないか?・・・と思えるほどのインパクトがありました。

「マネーを生み出す怪物」この本は比較的新しいです。
中央銀行とは国営ではなく、なぜか私設なのです。(日銀もJQに上場している)
FRB設立の秘密が読めます。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-12-07 13:36