相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

29日(水)  10月鉱工業生産指数  日本

29(水) 8:50  10月鉱工業生産指数 前月比‐0.4%、 (2カ月連続の低下)

     前月比   前年比(単位・%) 

中央値   -0.4       5.0
最大値    0.1       5.9  
最小値   -1.2       3.9  

「米国向け輸出が堅調で、輸送機械工業や一般機械工業が持ち直すものの、
電子部品・デバイス工業の在庫調整を受けて指数は低下する」(みずほ総合研究所)

IT関連での在庫指数の急上昇については「携帯電話のモデルチェンジや基幹部品の
ボ トルネックによるゲーム機の在庫増加、OS(基本ソフト)の新バージョン発売前の
パソコンの買い控えといった一時的要因が影響しているとみられ、必ずしも需要の減退を
意味するものではない。
IT関連財の先行きを注意深くみるべき局面にあることは事実だが、現時点で悲観一色に
染まることは避けたい」(モルガン・スタンレー証券)
[PR]
by f1wrxgt | 2006-11-26 18:36