相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

未履修問題を発覚させた背景

転載:

『未履修問題、再生会議への牽制じゃないですよ。再生会議への権限委譲のために用意されたスケープゴートです。目論見としては、このまま教育委員会無能論を作り上げ、教育委員会の権限を再生会議に移管させるというのが当初の目的です。そのためとうに内部決着がついていたものをあえて今、蒸し返しました。初出の富山の報道の出元は官邸です。こっち界隈では結構知られてる情報なんですけど、マスコミも知ってるはずなのに、なぜ表に出さないのか、そちらの方が疑問です。』

『去年までの教育予算に関するゴタゴタで、文部科学省は予算配分権限を取るか、教育委員会を通じた指揮権限を取るかの2択を迫られ、もちろん権力の源泉はお金ですから、予算配分権限を取って教育委員会を切り捨てる選択をしてしまったわけです。教育委員会は右からも左からも資本主義陣営からも共産主義陣営からもそれぞれ違う理由で不要論が唱えられているので、後ろ盾を失い、いまや法的に規定された権限にどうにか寄りかかって存在している砂上の楼閣です。それを取り上げるのが、以前からの安倍さんの、というか安倍さんの後ろにいるなんとか会のみなさんの至上命題ですので。』

『24日の第一報は各メディアとも似通った文案で、情報源を示す語尾が「分かった。」です。記者会見で発表者側が用意した原稿を見ながら書いたんでしょうか。「富山県教育委員会 記者会見」や「高岡東高校」でググると、24日に教育委員会が記者会見でこの問題を明らかにしたらしいことがわかります。毎日新聞の第一報には「記者会見」という表現がはっきり出てきます。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061025k0000m040081000c.html

富山県教育委員会をそこへ追い詰めたのが何であったのか、ということですね。』

『ある方が言っていましたが、教育委員会をなくすと、地方自治体の意向が教育にダイレクトに作用してしまうそうですね。右の人が当選すれば教育も右に、左の人が当選すれば教育も左に。教育委員会には一種の緩衝材の作用があるみたいですね。知っている人からすると当然の話なのでしょうが、私は知らなかったので感心してしまいました。』
[PR]
by f1wrxgt | 2006-11-04 00:40