相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

CME 15470

また 月曜寄りは窓空けですね。
NYは4-6月のGDP成長が年率+2.5%に鈍化(1Qは+5.6%)を好感。
金利打ち止め観測で進攻。

東証は本尊の意向がどこまでを上限としているのかは分からないので、200日線@550
へのタッチをとりあえずの目処。
25日線を上向きに整え維持し、13週/26週線のDCを浅いうちに修正か?
一目雲の厚いところを逆行↑戻りですので、ここからどうなるか注目です。
東1 優良銘柄は25日線上抜け、底からの反転銘柄は25日線タッチ、新興は5日線までの
戻り・・・・このような風景なので、いよいよどうするのか(トレンド↑継続なのか、一旦戻りは
終了するのか)という重要な位置。

イスラエル/レバノン 戦は継続。
原油・商品高 持続

米経済はやや減速
ガソリン価格の高止まり、冬場の灯油も高い、ハリケーン懸念
為替安定

信用買い残は¥4兆小動き、裁定買い残は¥3兆低いまま動かず。

米経済指標以外に大きく動く要因はなく、来週の雇用統計がらみの数値やECB利上げに
対する反応が問題。
そして8日FOMC本番。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-07-29 12:18