相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

25日線

需給が支配する展開ながら、NK 25日線が 15200まで下降してきた。 
目下 200日線とDC.  13・26週線のDC回避に週末15100以上が必要とのこと。
トレンドは上昇転換の判断でよいのだろう。

目下 abc調整波   17400  → 14045  a 波 (下げ)  
              14045   → 15138?  b 波 (上げ)  とすると、 

              15138? → 14713  c 波 (下げ) 窓埋め目処があるのか?

それとも、14045から5波の上げに入っているのか・・・?
需給から、また戻り売りの上値の重たさからすると、一気に25日線超えは厳しいが・・・。
(NY 一発大陽線かましてくれると、それも不可能とはいえない。>苦笑)

NK 15200、 SB 2600クリア を見るまで、月内は最終判断難しそう。

7月は欧米下期年度で、新規資金が動き始める。
米金利は0.25% x 2回 程上げ余地があるので、ここもと債券に避難していた資金が
株式にある程度自動的に戻り、ダウ11150 ナス2150 以上を月末期待します。
(世界の金利引き締めと日銀が流動性を絞ることで、商品への投機熱もやや冷める筈)

28-29日の米FOMCは FFレート5.25%( +0.25%上げ) は 決定も同然。
0.5%一気に上げという噂が昨日から出てきたが、そんな大胆な上げはやらない。
金利の上昇効果が現れるにはタイムラグがあり、利上げピッチが速すぎるとブレーキが
効き過ぎたと、後で分かり慌てる。
消費者物価のインフレ指標の見極めは、あと2ヶ月続きそう。 バーナンキは漸く発言の
表現に気を配るようになったので、下落・上昇幅は納まる傾向へ。

新財務長官ポールソン(GS出身)の、第一声に注目ですな。 (どのくらい気を配るか)
前任のスノーも就任時に補佐官から注意するよう言われていたそうです。(日経新聞)
スノーとその前任のオニールは製造業や中西部の旧来産業の代表。 
ポールソンや90年代のルービンはウォール街を代表する金融畑出身。 (ともにGSだ)
[PR]
by f1wrxgt | 2006-06-23 10:14