相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

現引きせよ!

東1 のフェアバリューは14800とのこと。
2006年初からの上げがオーバーシュートだった。従って、14000までの調整はごく
自然な修正の範囲かも・・・ということになります。
むしろ、13700があってもよい・・・・・現在PER18でやや割安感あるが、PER20だと
それほど上値の戻りが現状期待できるわけでもない。
(・・・・・7月に業績が上方修正されるなら、その前までは14000台なのだろう   )

NK17000だと PER24ぐらいまで跳ねてた。 3月の時点で企業業績が今年もそろって
+10%以上の予想ならば、それもPER20程度に織り込まれるので、NK17000の高値
感が割り引かれたが・・・・タラレバ。

量的緩和の解除が、市中に溢れていたタダ同然の大量のマネーを吸収してしまった負の
効果(相場の上昇にとって)は確かにインパクトが大きかったといえるのだろう。
投機収縮・投資マインドの縮小。 それに加え、米国FF金利の行方。

資源価格が抑えられれば、米国インフレ懸念は後退するのだろう。

仮需である信用買い残の5兆・・・・これが株価の戻りで解消される望みはほとんどない
かもしれない。
個人はある程度の戻りで返済するか、どんどん現引きするべきだ。
そのままにして、新たな信用買いで相場の反転に乗るべきではない。
信用維持率・・・・100%を割ってはいけない。 (反転上昇なら信用買い余力は回復するが、
回復し上昇するにつれ、古い買い建てを損切りして、維持率をさらに回復させること。)
それによって、リバウンド後に訪れる修正下落に巻き込まれないこと。

戻ったら売るのが肝です。  CPと余力が身を助ける。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-06-15 04:59