相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

15560

巷の想定下限 15500 水準まで押し込まれた。
弱いと分かっていても、15740からのショート弾(空売り)は撃てない。 (下が深いのか
浅いのか分からんから)

ここまで待って、ひきつけての打診買いした人が大正解でした。 
よく待った、感動した!(爆)

NYの日足・週足を眺めますと、ダウ11040、ナス2160が長期の下限節目で、昨夜も
そこで抵抗してました。 一時 ダウのマイナス100にはビビった。
ナスが売られっぱなしなのは、今もって?です。 全く分からん。
S&P500 は @1250  ウィルシャー5000も ラッセル2000も ほぼ現在が下限抵抗
あたりまで来ている感じ。

戻り売りのシコリが15800、15900、16000  16100-16200で出てくると想定。
17400からの調整3波=下げA波(現在)→上げB波→下りC波・・・・・以後上昇トレンドへ
回帰?
ここからリバウンドのB波の上げが16000限度、そこから再度の下りC波が15800ぐらい?
今回の暴落A波が 17400→15560ですから、値幅1900  11%下落した。
今後の展開も、NYやインド・中東株の混乱の収まりを睨みながらですけど・・・・。

世界の大口運用家さんたちは、米10年国債の利回りが5%あるのですから、先日の$安で
運用のかなりを米国債買い・・・とするのは理解できます。
(商品や新興国株を売って、リスクの少ない米国債・・・これが5%でまわるのだから)

東証は、これから15億株/ 1兆+ 前後 が限度という2005年春以前のレベルに戻るの
では?

値動きという面では、誰もが持っている個別よりもETFを買い節目で売ることを繰り替えした
方がよいかも。 大口主体が225先物を上に振っても、個別は戻り売りでなかかな引き上が
らないパターン。
ETFは先物の値動きと連動。 (扱いは 現物と信用の 売り買いで)

先物は信用倍率の梃子がかかっているので、素人には危険。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-05-23 13:22