相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

¥110.50

FOMCのFEDのコメントは両論併記・・・・6月利上げ休止すると意思表明はやはりしない。
これで、ダウはやや調整に入るかと。 ナスはデルと半導体に悲観が続き まだダメそう。
為替のポジションは利上げ可能性をここから意識し始め、やや戻すんじゃ?
SBが強ければ、かなり面白くなりますが・・・・。

CME16880 ほぼ意味なし。 17000台への回帰を想定したいい。
下がれば買い、戻りは追わず。 17000回復は他の参加者にやって貰いたいし。
原油・資源高続いていますが、¥110界隈でいれば原材料高の悪影響は相殺されるので、
¥高のマイナスインパクトは半分と見る・・・製造業輸出産業のダメージはメディアが騒ぐ
半分で計算すべき。

トヨタ      ¥2000億 自社株買い新規設定 = @6600見当
三菱商事    資源・エネルギーが貢献
商船三井    LNG船
住金       シームレス・ステンレス鋼管 (パイプライン・プラント)
三菱重工    設備投資関連 + 兵器(軍事・防衛関連)
東芝       フラッシュメモリー、原発  ・・・ ¥2兆/3年間 投資・・・年¥6000億 
          増資あるや?
キヤノン     増益・株価上昇余地、  SED
          最近エプソンのインクジェットプリンターには購買意欲がそそられない

大日本インキ  液晶材料新規参入、リストラ効果が収益にこれから顕在化
東レ        炭素繊維


世界の素材は日本企業の技術がほぼ押さえ込んでおります。

薄型TVの材料・・・・偏向フィルム、ガラス (住友化学、JSR、ゼオン、日東電工・・・・ など)
東レ、三菱レーヨンなどの炭素繊維がないと、旅客機が作れない。
ジェットエンジンは、重工各社。
車用 薄板鋼板は日本の高炉各社。 
エンジニアリング・プラスチック・・・大手化学
省エネ・軽量化となれば、日本メーカーの独断場
太陽電池・燃料電池、半導体用シリコンウェハーなどもご存知のとおり

需給され悪くならなければ、中期上昇は期待できると思いますので、移動平均にタッチ近辺
の安値で仕込めば中期ホールドし易い。
25DMAからの上方乖離が高くなると、また戻る習性が大型株にはあるので、上で売り下で
買い戻すスタンスもOK(NK見合いで)。  繋ぐのが最もお勧めです。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-05-11 07:07