相場と情勢


by f1wrxgt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

月末 お化粧

2月最終日・・・・どこの誰かが 9:30 - 9:50 に NK先物7000枚ほどの
売り仕掛けでNKは一気に 16200 → 15950 へ直行しました。

証券自己のポジション変え、もしくは投信などが現物を安値仕入れるために下ブレを謀った
のか??? 月末事情や、その後大掛かりな売り追随はなく、昼の魔の30分は平穏、かつ
昼の立会い外バスケット取引は売り買い中立・・・・ということで、CME16230近辺への
戻りが大引けに向かってあるだろうという予想を個人的にはしてました。

大証システムが更新されて約定遅延は27日からなくなり、よって大口や証券自己の先物
ヘッジ売りや現物の売りオペレーションは姿を潜めました。
そして、先週末からのTOPIX浮動化入れ替えと月末投信買い、ドレッシングというイベント
も一見相場の堅調さをみせております。 
もちろんNYや欧州株が堅調だったこと(崩れない)も、ここまでのサポート要因でした。

25日移動平均@16197 をNKは引け値でクリアしましたし、現状5日移動平均に支持され
て上昇推移。 上昇トレンドが持続と判断できるかどうかは、明日以降にならないと判りませ
ん・・・・残念ながら。
チャート・テクニカルでは、まだ上昇トレンドではあるのですが・・・。

24日付け、信用買い残は東1が¥4.65兆に¥3000億強改善されました。

3月2日の後場 鉄鋼各社の3月期末業績見通し発表があります。(鉄の上昇明日まで?)
次週 9日のMSQが 15500、16000、16500 どの攻防となるのか?
そして、配当取り27日に向けて 需給はどうなのか、 NYはいかに?

昨夜 シティが 米半導体のAMAT(アプライド・マテリアルズ)を格下げしました。
その影響で、東京はエレ・アド、一部の大手電機が本日軟調。 
メガ・自動車だけではNKを更に押し上げるに、力不足だった訳です。

個人の買い戦線は、兵站が伸びきっておりますので迫力ありません。 つまり、
証券自己や大口、外資などの攻防を跳ね除けて、トレンドを形成する戦力とはなりません。
下値を堅く守るのは、投信の買いぐらいなものでしょう。

まだ、日柄が必要で、16300を超える上昇には材料が必要かと。
[PR]
by f1wrxgt | 2006-02-28 17:52